ユースコミュニティー・テラッコ教室

NPO法人ユースコミュニティーが運営する子どもの学習支援教室。池上にあるテラッコ教室の様子をお届けします。

生まれ育った地域の役に立ちたい

こんにちは。

今年1月から池上教室のボランティアとして活動させていただいております、木下です。

生まれ育った地域の役に立ちたいと思い、こちらでボランティアを始めました。

2022年も半年が経ち、月日速さに目が回っています。。

生徒さん達は学校の後も、自主的にこの教室来て2時間勉強するという学習意欲に毎度驚かされています。その姿見て、社会人の私も仕事の目標に向かって勉強しなければ、、!と思わせてれています。

 

梅雨明けも例年より早く、既に猛暑日が続いていて、皆さんの肌もあっという間に夏らしい色になっていますが、体調管理に気を付けて頑張っていきましょう♪

自己満にならないように

こんにちは!大学4年の石村です。

就活も落ち着き、半年ぶりに復活です♪

生徒さんやボランティアメンバーの半年間の成長&変化を感じ、驚くとともに意外と忘れられてなくて安心して復活することが出来ました(笑)

このボランティアを始めて「何のためにその勉強をしていて、生徒さんはどうなることを求めているのかという需要をしっかりと把握すること」が指導する上で重要だと感じました。

 教えるからには理解して欲しいと熱く教えても生徒さん側の需要とズレがあれば一方通行の自己満の指導にしかなりません。中々難しいです…(笑)

ボランティアを通して私自身も成長していけたらと思いながらこれからも頑張りたいなと思います。

 

梅雨明けとともに気温急上昇という中々ハードな夏の幕開けで既にバテそうになりますが、皆さん熱中症に気をつけながら今年の夏も乗り切っていきましょう!!

上から指導するのではなく、下から支え受け止める姿勢を大切に

火曜日、中高生クラス教室長、宇津木です。

今日は心理面からお話ししたいと思います。

 

中学生は精神的にとても不安定で、大人の想像を超えたストレスを抱えていることがあります。

その心理の底に、他者から認められたいという欲求があります。

 

でも、自分を否定されたり、他人から見下されたり、親など目上の人に押しつけられたり無視されたりを続けていると、どうしても自己肯定感が低くなってしまいます。

 

なので、自分が思っている事を、誰かに否定されずに思い切り言える環境がとても大事になってくるのです。

 

しかし、生徒の性格によってはそれが上手く出来なかったり、表現すること自体を諦めて自分の殻に閉じこもってしまう場合があります。

 

世間でも問題になっている、ヤングケアラー、虐待、引きこもり等、子供を取り巻く環境で解決しなければいけない課題はたくさんあります。

 

子供自身が自分の本心に気づいていない場合もあり、大人が引き出して話を聞くことが必要になってきます。

 

10代の生徒にとってこの先たくさんある未来、様々な可能性を見い出していきたい。

勉強面でも精神面でも、生徒を上から指導するのではなく、下から支え受け止める姿勢でいたいと思う今日この頃です。

ある時急に、学校が好きだと気づきました。

こんにちは!

 

先月からテラッコ教室に参加させていただいております、高校二年生の阪田です。最近、受験まで残り〇〇日、という概念を身近に感じ始め、びくびくしております…

 

まだまだ新参者で、積極的に周囲と関われないことが多々あります。それでも優しく声をかけて下さる宇津木教室長やスタッフの方々のお陰様で、毎週楽しく参加しています。

 

軽く自己紹介をさせて頂きます。僕は大田区の隣の隣の隣の隣、江東区に住む高校生で、フットサル部に所属してます。サッカーがとにかく好きで、深夜によくDAZNで試合観戦をしています。ちなみに、好きなチームはFCバルセロナです。

 

さて今回は、僕が学習ボランティアに参加させて頂いた経緯についてご紹介させていただきたいと思います。

昨年の秋頃、気づけば高二も終わりに近づき、周囲が進路について悩み始めた中、僕は明確な夢を見つけられずにいました。焦りつつも、自分がサッカー以外に何か興味を持っていることはないか…と考えていると、

f:id:youthcom:20220323004739j:plain


そうして将来も学校に関わっていたいという気持ちから、こういった学習支援の現場に携われるボランティアに参加したい!という思いに転じていきました。

加えて僕は、人とコミュニケーションを取るのが苦手で、知らない誰かと話したり、自分の意見を伝えたりするのがとてつもなく苦手です。加えて何か特技があったり、何でもソツなくこなせる器用さがあるわけでもなく、そんな自分にコンプレックスを抱いていました。そんな自分を変えたい!という思いものせて、activoというボランティア募集サイトから、このユースコミュニティの活動に応募しました。

 

参加し始めた当初は、緊張してまともに挨拶することすらできない程でしたが、暖かすぎる生徒の皆様とスタッフの皆様のサポートに恵まれ、楽しく参加できています。まだ半分子どもで未熟極まりない青二才ですが、いつかこの恩返しができるよう、日々精進して参りますので、どうぞこれからもよろしくお願いします!

投稿2回目です!

おはこんばんちは。伊賀です。

f:id:youthcom:20220222222623j:plain

2月は受験シーズンということで、昨日も都立高校入試がありましたね。

うちの教室は生徒さん1人が受験しました。おつかれさま!

 

また学年の変わり目ということでしょうか、今月は新しい生徒さんが2人も来てくれることになりました!

2人とも、熱心に勉強しています。これから末永くよろしくお願いします(*^^*)

参加してからはや1年

皆さんおはこんばんちは、2021年の3月から参加させていただいでいます、高校三年生の原田です。まあ高三とは言っても、高校生活も残り春休みだけなのですが…

1年前の今頃、コロナの影響で2,3度目の休校になり、最低限の勉強以外はスマホやテレビを見て時間を浪費する生活をしていました。そんな時に、母がたまたまこのボランティアを見つけてきました。元々人に勉強を教えることが好きで、中学生のころから後輩や友達に勉強を教えていたこともあり、すぐに参加することを決めました。

f:id:youthcom:20220218213458j:plain

学習支援ボランティアのスタッフといえば大学生や社会人のイメージがあったので、高校生ごときに務まるのか不安でしたが、いざ行ってみるとほかにも高校生がいたり、先輩方が優しかったりと、とてもアットホームな教室でした。
生徒さん達もいい子ばかりで、教えるのが楽しいです。自分の教えたところをできるようになってくれた時の喜びはひとしおです。

人に勉強を教えるには、当然自分はその単元を理解していなければいけないわけなのですが、教えていて自分はまだまだ至らないところだらけだと日々感じています。

新年あけましておめでとうございます。

火曜日クラス教室長の宇津木です。

2022年がスタートしました。

 

今年は1月4日が火曜日に当たるので早い教室スタートとなりました。

が、まだ冬休み中と言うこともあり、今日はとても少ない人数です。

 

このクラスは中学1年から高校1年までの生徒が在籍しています。

 

f:id:youthcom:20220104205527j:plain

 

一人一人を見ていると、黙々とプリントの問題に取り組む子、いよいよ受験モードの子、お喋りが主体でくつろぐ子、休憩時間のカードゲームが楽しみな子、と様々な生徒がいます。

 

でも皆に共通しているのが、この教室が生徒にとって何らかの意味で「居場所」になっている事です。

 

大人が想像する以上に多感な年齢を生きている生徒にとって、この「居場所」が何か答えを見つける役に立てる様、これからも見守っていきたいと思っています。

 

今年もよろしくお願いいたします。